スケジュール管理だけじゃない手帳の価値。過去の手帳が力をくれます。

【トリノメ手帳2017】

ありがとうございます。
第6回再販分 残り4冊です。
よろしくお願いします。オンラインストアはコチラ→★★★
トリノメ手帳についてはコチラ→★★★
お試しサンプルはコチラ→★★★

 

こんにちは。
過去も未来も見通せて、今を大切にできる。
そんな手帳をあなたに。
一級建築士で、手帳職人のタテエツです。

 

先日、長男の二分の一成人式が
ありました。早いもので、もう10年。

slooproimg_20161115121213
私に、スケジュール管理だけではない
手帳の価値を教えてくれたのは、
実は子供たち。子育てなんです。

 

10年前。
長男が生まれたことをきっかけに、
手帳に育児記録をつけ始めました。

 

よく育児ブログで見るような
幸せいっぱいの日記に憧れて(笑)

もちろん、楽しい事も沢山たくさんありました。
だけど、現実は想像していたよりもはるかに大変で。

 

「なんで泣き止んでくれないの?」

「なんで寝てくれないの?」

 

いつ朝になって、いつ夜になったのかも
よくわからない。
気がつけば、誰とも話さずに一日が
終わる・・そんなこともザラで。

 

思わず手帳に泣き言を書くことが増えました。

 

「どうして泣き止まないのかなあ、」

「いつまで続くのかなあ・・」

「もう一度お腹に戻ってくれないかなあ・・・」

「こんな弱いお母さんでごめんね・・・。」

 

人に弱音を吐いたり、
ヘルプを求めることが
とても苦手だった私は、
手帳に泣き言や弱音を沢山書いて、
ストレスを発散していました。

 

でも。

 

そんなこんなで10年。

 

あんなに泣いていた長男。
あんなに泣いていた私。

 

何だったんだろうかと思うくらい、
すっかり大きくなりました。


日々の親子の会話は、なんでも
ないことばかり。

 

どうでも良いことで大笑いしたり、
どうでもいいことで怒ったり。
そんな何気ない毎日を、家族で
過ごせることが、今はたまらなく幸せです(^^)

 

「今まで育ててくれてありがとう」

 

もらった手紙に書いてあった、定番のセリフ。
私がもらうときがくるなんて~と思いつつ・・・。

やっぱり嬉しい(^^)

 

 

母親としてはだいぶ不器用かもしれません。
でも、不器用なりに一生懸命やってきました。
一つ一つ見れば、正しいことも間違いも
あったはず。

 

でも、正解がない日々の中で、模索しながら
歩み続けてきたことは、決して間違いでは
なかったと思えます。


あの頃の私に、今の私なら

「大丈夫。あなたはよく頑張ってるよ」

そう言って上げられます。

 

そして、あの時期を乗り越えた私だから、
この先もきっと大丈夫。
そんな力のもとにもなっています。

 

何でもそうだけど、特に新しいことを始める時は、
見えない未来に飛び込む不安があります。

 

けれど、そんな時いつも応援して、
力をくれるのは、過去頑張ってきた
自分でした。

 

 

毎日じゃなくてもいいんです。
時々、つぶやくようにでも気持ちを残す事で、
手帳は、ただのスケジュール帳から、
未来のあなたを応援してくれる宝物に変わります。

 

今のあなたはどんな気持ちですか?
嬉しいこと、悲しいこと、楽しいこと、笑ったこと。
スケジュールの片隅にでも、一言書き残して見てくださいね(^^)

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計一級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

初めての方はこちら→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。