バランスを取るための手帳

寒くなってきたので、冬用のソファカバーを
だしました。あったか仕様です(*^^*)

 

こんにちは。
手帳職人のタテエツです。

 

私にとって「手帳の使い方」と言えば、
コヴィー博士の「7つの習慣」

 

6月、日本に「7つの習慣」を翻訳して広めた、
ジェームス・スキナーの講演会に参加できたのを
きっかけに、改めて学び直しています。

私が、初めて意味を考えながら使ったのが、
「フランクリン・プランナー」という、7つの習慣を
実践するために作られた手帳でした。

 

・時間や、TODO管理。
・そもそも根底にある考え方。

 

学びなおしながら、その奥深さに改めて感動・・・。

その中で、私の「トリノメ」の元でもあるのが、
「役割ごとのバランス」という考え方。

 

私たちは、普通に生活しているだけで、
色んな役割を持ってますよね。

・会社員(仕事)
・夫(妻)
・父親(母親)
・息子(娘)
・友人・知人 そして、

・自分自身。

 

例えば、お客様が沢山いるコンサルタント業。
発注を受けて、品物を作るデザイナーや作家さんもそう。

 

どれか一つに一生懸命になっていて、他がほったらかし・・・。

仕事に一生懸命すぎて、体を壊したり、
家族との関係が壊れたら・・。

そんなの、
『人生・時間を大切にしている生き方とは、
とても言えない』って、しみじみ思うんです。

 

 

 自分がどんな生活ができたら本当に満足なのか?
 最終的にどうなりたいのか?
 本当に大切にしたいことはなんなのか?

 

それを明確にして、自分をちょっと高い目線で見て、
『ブレてないかな?バランス取れてるかな?』
そんな気持ちを持つことは、手帳を使う上で
とっても大切です。

 

私も、この機会に改めて見直してます。
書き出してみたらこんな感じ↓

(フランクリン・プランナーの「1週間コンパス」
と言うものに書き込んでいます。)

あえて、「自分」を一番上に持ってきました(*^^*)
まずは、自分が満たされていないと、子供たちにも
優しくできないので(笑)

 

役割や、お仕事別のバランスを見るのには、
トリノメ手帳の「ガントチャート」が便利です。

o0480064013601118484

・どれか一つに予定が偏っていないか?
・ブッキングしていないか?

バランスがひと目でわかりますよ(*^^*)

 

ガントチャートは、毎日使うというより、
「時々バランスをチェックするのに使う」
方が向いているなあと、タテエツ的には思います(*^^*)

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計一級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

初めての方はこちら→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。