愛用している手帳カバー

こんにちは。
手帳職人のタテエツです。

 

10月9日再販分のトリノメ手帳2017。
おかげさまで完売いたしました。

 

1週間程度いただいたのち、再販いたします。
またご案内しますね。
slooProImg_20161006142051.jpg
本当にありがとうございます・・・(涙)

 

リピートして下さる方のお名前が
あると、飛び上がりそうに嬉しくなります。
(#^^#)

 

せっかく手にした手帳です。
役立てていただけるように、
進んでいきたいと思います。

 

さて。
『タテエツさん、
手帳カバーってどうしてますか?』
こんな質問をいただきました。

 

トリノメ手帳は本体のみで、カバーがついていません。
一般的に販売されているA5サイズのカバーでしたらどれでもお使いいただけます。

 

私が使っているのは、「ほぼ日手帳カズン」の革カバー。
2014年に販売された、水色っぽい色のものです。
slooProImg_20161010132504.jpg
slooProImg_20161010132501.jpg
1)色が好き
2)しっかりとした素材が好き
3)ペンホルダーが2本(1本じゃ足りないので)
4)ポケットが沢山
5)打合せなどで出しても恥ずかしくない

 

私が手帳カバーを選ぶ基準はこんな感じ。

今のカバーは、待ち焦がれていた理想そのもので、即決で買いました。

 

「届くまでのワクワク感」とか
「届いた時の嬉しい気持ち」は、
今でもはっきりと思い出せます(#^^#)
slooProImg_20161010132457.jpg

革素材でポケットが多いと厚みが出るし重たくなります。

子どもが小さいと、汚れることもありますから、
(落書きされることも!!)

 

以前はPVC(塩ビ)素材のものを使ってました。
気をつかわず使えるというのも大切なポイントかな。

 

とはいえ、機能はもちろん大切ですが、
『ワクワクしたり嬉しくなる気持ち』

これ、とても大事。

 

「A5 カバー」で検索すると沢山出てきますから、あなた好みを見つけてみて下さいね(#^^#)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計一級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

初めての方はこちら→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。