07 ウィークリーを書く手順

 基本の使い方目次はこちら→★★★

 

ウィークリーを書く手順

 

お休みを囲むことも含めて、
手帳を書く際は、手順を決めています。

 

流れを決めて、迷う時間を作らない

 

のも、ポイントの一つかなと思います(*^^*)

 

私がお休みを囲んだ後は、

 

□ 起きる、寝る時間や、仕事の開始、

終わり時間にラインを引きます。
(目標時間ですね)
o0480052713507250626

 

□自分のための時間をオレンジで記入

o0480053013507250734

 

 

□家事時間、こどもとの時間を記入

□移動時間も、ちゃんと書くことを忘れずに。

□毎日のルーチンワークも書き入れます。
例) 掃除、洗濯、お弁当つくりなど。

 

 

□マンスリーから予定を転記

o0480064013507250669

 

 

これが一連の流れです。

よく言われるのが、
自分のための時間を

先に確保しましょう
これは、確かにそうなんですが、

 

 

 

■手帳を使い始めたばかりとか、
■時間管理を始めたばかりとか。その頃の私は、むずかしかったんです。

 

なので、まずは今、現状を書くことから
始めて良いと思います。

 

慣れてきて、毎日の流れや1週間単位での
時間の流れが把握できるようになってきたら、
自分の時間(上の例ではオレンジ)を
確保することを最初に意識して、
段取りしてみてください。

 

まずは、やりやすいところから♪

 

もちろん、最初から、自分の時間を
確保した段取りができればそれが
一番です(*^^*)

 

 

予定を書いたら、次にやること
=ToDo を書きます♪

 

→ 08 今週のToDoを書き出してみる

← 06 ウィークリーも最初にやるのはこれ

→ 基本の使い方目次

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計一級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

初めての方はこちら→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。