12 実際に動ける日を確認する

 基本の使い方目次はこちら→★★★

 

実際に動ける日を確認する

マンスリーでも、ウィークリーでも、
「休みの日」を最初に確保しました。

 

同じように、ガントチャートでも、
◯作業ができない日、
◯予定を入れない日には、
斜線を引いてブロックします。

o0480048013603726606
そして、締め切り日から今日までの、
斜線が引いてない日を数えてみます。

o0480064013603739070

これ、想像以上に少ないことが多いです。

 

カレンダーだけ見て、

「締め切りまであと、1ヶ月あるなあ」( ̄▽+ ̄*)

なんて思っても、実際には
2週間位しかない∑(゚Д゚)
ことなんてザラ。

 

 

一気に気持ちが引き締まります^^;
ココでのポイントは、

「作業できる日は、実際の70%
くらいで見積もること」

 

思ったように作業や仕事がサクサク進む・・・。
なら、いいんですけど^^;

 

実際にはそうもいかない事が殆ど。

それに、子どもが小さいうちは、

◯風邪をひいた
◯熱がでたなど、

突然、仕事を休まないといけない機会が多いのも事実・・・。

 

早め早めに回すためには、こうやって先回りを
するしかありませんでした。

 

なので、ここで7割くらいにして余裕を作っておきます。

 

ちなみに、このガントチャート、
うまく使いこなせない・・・(ノ◇≦。)

という声をよく聞きます。

 

得意・不得意ありますし、
暮らしの状況によっては
使う必要がないこともありますので、
そこは柔軟に対応してくださいね(*^^*)

 

では次回はまとめとして、
毎日の流れをご紹介します(*^^*)

 

→ 13 毎日の流れとポイント

← 11 ガントチャートに予定を落とし込む

→ 基本の使い方目次

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計一級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

初めての方はこちら→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。