14 手帳を使うその先

 基本の使い方目次はこちら→★★★

 

ここまで、13回に渡って、基本的な使いかたを
ご紹介してきました。

 

これは、本当にあくまでも一例です。

 

あなたの生活・暮らし方や仕事の状況に
合わせて、使いやすい方法にアレンジ
していってくださいね(*^^*)

 

さて、手帳を使うとやりがちなのが、

 

あれも、これもと予定を入れてしまって、
いっぱい書くことで満足する。

 

逆に白いと、使いこなせていない気がする

 

でも、本来は、いかに余白を作るか?
やることを絞り込めるか?

 

この方が大事だと私は思っています。

 

手帳は、書くことで自分の暮らしを俯瞰(ふかん)する、
そのためのツールだと考えてください(*^^*)

 

そして、

できた時間を、のんびりと笑顔で過ごしていただきたいなあ♪

というのが、私の願いです(*^^*)

 

 

あなたの毎日が笑顔になりますように。
応援しています(*^^*)

 

← 13 毎日の流れとポイント
→ 基本の使い方目次
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計一級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

初めての方はこちら→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。