主な特徴

(1)手作りです

トリノメ手帳は、トリノメ工房の手帳職人タテエツが
2014年から毎年手作りしている手帳です。

リフィルデータは、ExcelとCADを使って作っています。

手間がかかるため、大量生産はできませんが、
その分、1冊、1冊、愛情を込めて作っている、
こどものような手帳です。
12375097_203184126684503_4460430257014840044_o

 

(2)日曜日始まりです

設計事務所に就職してから、仕事を週末に持ち込むクセがついていました。

「金曜日で終わらなかったこの仕事。
この土日にやって、月曜日に間に合わせよう!」

 

でも、結婚して、子どもが生まれるとそうは行きません。

「1週間は日曜日から土曜日まで!」
「日曜日はちゃんと休もう!」

そんなわけで、日曜日をちゃんと休むために、
あえて土曜日に終わるレイアウトにしています。

 

(3)1年で3冊です

cimg1037

 

手帳を持ち歩く時、重たいと億劫になります。

「重たいのはイヤだけど、書けるページはいっぱい欲しい!」

そんな矛盾した願い(ワガママ?)を解決するために、
1年分を3冊に分けています。

 

1)年間予定表やマンスリーなど、1年を通して使う部分

2)ウィークリーページの1月から6月まで

3)ウィークリーページの7月から12月まで

 

必要な部分だけ持ち歩くことが出来ます。

 

(4)A5サイズです

結婚して、子どもが生まれて、
仕事のこと、プライベートの事。
書くことがたっぷりになりました。

見開きA4サイズなので、沢山書くことができます。

 

(5)クリーム色の用紙

毎日開く手帳だから、目に優しい色がいい。
気持ちが安らぐ色がいい。

そう思って採用したのが、

「淡クリーム書籍用紙」

長時間目にする本にも採用されている、
優しい色合いの用紙です。

 

 

(6)表紙は真っ白なんです

cimg1047

表紙は、180kgの白上質紙を採用しています。
表紙、裏表紙、背表紙にも、何の印刷も文字もありません。

だから、絵や文字を書くことや、シールやマスキングテープを
貼ることも思いのまま。
あなた好みにアレンジしてくださいね(*^^*)
もちろんそのままでもOKですよ。

 

(7)くるみ綴じ製本です

cimg1048

2016年から、くるみ綴じ製本という方式で製本しています。

これは、背表紙側を強力にのりづけした、
ノートや教科書のような方式。
頑丈な製本方法です。

残念ながら、180度フラットに開くことは
できません。ご了承下さい。

 

※トリノメ工房では、少部数でも、180度フラットに
開ける製本方法が可能な業者様を
探しています。
心当たりのあるかたは、メッセージくださいませ(切実)

 

→ トリノメ手帳とは

RETURN TOP