うっかり忘れ防止の仕組みづくり。手帳のマンスリーをバーチカルで補います

【トリノメ手帳2017 4月始まり版】

オンラインストアはコチラ→★★★
トリノメ手帳についてはコチラ→★★★
お試しサンプルはコチラ→★★★

 

昨日は建築を学んだ母校に行ってきました。
卒業して17年、忘れていたことを色々と
思い出しました。


トリノメ工房の手帳職人
タテエツです。

 

忘れていたことを思い出すきっかけ。
私は手帳の中にいくつかの仕組みを
作っています。

 

手帳に「書く」というだけで、
一度記憶に残りますが、
そのままじゃ忘れることの方が
多いので(^^;)

 

月間カレンダーに書いた予定。
参考記事はコチラ→★★★

 


□仕組み□

時間帯が決まっているものについては、
週間ページの時間枠部分を囲んでおく


カレンダーは月単位で行動が把握できるけど、
一日の細かい行動を把握するのには、
週間ページが必要です。

 

スキマ時間が見えますし、
仕事と、自分の予定がどういう風に
流れているのかもわかります。

午前中は仕事、午後からは子供の参観日・・・

なんて時もありますが、

『何時まで大丈夫なの?』って聞かれた時に、

 

『何時までなら仕事できます。』

 

って、ハッキリ言葉にできます。

 

これは、思ってる以上に
自分に対しても、他人に対しても、
信頼度があがります。

 

ポイントは、

前後の移動時間を把握するのも忘れない

これは、月間カレンダーだけで管理
しているとやりにくいんです。

 

30分刻みで書けるバーチカルだからこそ、
メインの予定を書いたら、
その前後の移動や余裕も
書き込めます。

忙しくなるときにこそ、
しっかり書いておくと、慌てないで
すみますよ(*^^*)

 

 

☆Facebookやっています。

よかったらつながってくださいね(*^^*)
「ブログみました」と、一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです♪

Facebook個人ページはコチラ→★★★

 

【トリノメ手帳2017 4月始まり版】

オンラインストアはコチラ→★★★
お試しサンプルはコチラ→★★★
トリノメ手帳の基本の使い方→★★★

【手帳の使い方個別相談】

必ず一歩踏み出せる。
具体的な最初の一歩を見つけるご相談や、
手帳の使い方についてお話してみませんか?
詳しくはコチラ→★★★

【好きな月からオーダーできる自分だけの手帳(セミオーダー)】

決まった月からではなく、
自分が気持ちを新たにしたその時から、
新しく始まる手帳を手にして欲しい。

セミオーダーで、自分だけの手帳を
作ってみませんか?
詳しくはコチラ→★★★

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計一級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

初めての方はこちら→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。