要領が悪い。だからこそ手帳に書けば、改善点が見つかります

【トリノメ手帳2017 4月始まり版】

オンラインストアはコチラ→★★★
トリノメ手帳についてはコチラ→★★★
お試しサンプルはコチラ→★★★

 

「お母さん、今朝JR遅れてるって!!」

「そっか~。でもお母さんは歩いていけるから大丈夫」

 

トリノメ工房の手帳職人
タテエツです。

 

3月に設計事務所を移転して、自宅から
徒歩5分の場所になりました。

 

それまでは、通勤に車で20~40分。
渋滞があれば1時間になることも。

 

JRを使っても、30分はかかるし、
待ち時間や遅れがあれば、さらに長くなります。

 

引越したことで、経費の面では
劇的なメリットはほぼないのですが、

☑ 移動の時間がかからなくなったこと

☑ 通勤ラッシュのストレスから解放されたこと

 

この2点でめっちゃくちゃ価値がありました!

 

この節約できた時間が、毎日の手帳タイムになっています。

 

☑今抱えているタスクの書き出し

☑優先順位付け

☑実際にいつできるのか?
手帳の時間軸への書き込み。

 

この「手帳の時間軸への書き込み」を
毎日繰り返しているので、1日でこなせる
タスクのおおよその量が分かってきました。

私の場合は、もちろん内容にもよるけども、
「1時間でできる!!」と思ったことは、

大体「2時間」かかります(^_^;)

 

なんで2時間もかかるかというと、
☑計算に悩む時間だったり

☑知らないことを調べる時間だったり

☑だんだん疲れて、やる気がダウンした時だったり。

☑完璧に仕上げようと思って、なかなかできなかったり。

 

基本的に、元々どんくさいというか、
要領がよくないんです(-_-;)
だから、手帳に書いて、感覚で分かることが
私には必要なんですよね。
問題点は書きながら、だんだん把握できてきました。

なので。

☑悩んだ経過を書き残して、相談や、次回の資料にする

☑調べたことを、再度調べる手間を省くために、
ブックマークしたり、ノートにスクラップしておく

☑疲れて効率が落ちた時は、思い切って休憩したり、
頭を使わなくてすむ、単純作業をする

☑完璧はめざすのではなく、70%くらいで一度まとめる

 

・・・などの対策を立てています。

 

一気には変わりませんが、着実に未来の
時短に向けた下地ができているのが
感じられて、めちゃくちゃ嬉しい♡

 

→ 節約できた時間に手帳を活用

→ 今をよくする対策を考えてみる

→ 実際にやってみる!

→ 変わってるかどうか、手帳をみながら確認

→ さらにどうしたらいいか考えてみる

 

実感できてくると、楽しくて楽しくて、
手帳を書くのがやめられなくなりますね(*^^*)

 

 

☆Facebookやっています。

よかったらつながってくださいね(*^^*)
「ブログみました」と、一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです♪

Facebook個人ページはコチラ→★★★

 

【トリノメ手帳2017 4月始まり版】

オンラインストアはコチラ→★★★
お試しサンプルはコチラ→★★★
トリノメ手帳の基本の使い方→★★★

【手帳の使い方個別相談】

必ず一歩踏み出せる。
具体的な最初の一歩を見つけるご相談や、
手帳の使い方についてお話してみませんか?
詳しくはコチラ→★★★

【好きな月からオーダーできる自分だけの手帳(セミオーダー)】

決まった月からではなく、
自分が気持ちを新たにしたその時から、
新しく始まる手帳を手にして欲しい。

セミオーダーで、自分だけの手帳を
作ってみませんか?
詳しくはコチラ→★★★

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計一級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

初めての方はこちら→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。